Since 1952 Flathority MADE IN JAPAN

BLOG

実質無料の革製ペンケースをご紹介します【ノベルティにも妥協無し】

毎回ご好評をいただいているFlathorityのノベルティ。

「商品として売られていてもおかしくない!」など、嬉しい声も頂戴しています。いつもお声掛けいただきありがとうございます。

 

本日は、ただいま開催中のプレゼント企画のご紹介と、「なぜ高いクオリティのものを実質無料にて差し上げられるか」をご紹介したいと思います。

 


 

現在、開催中レザーペンケースをプレゼント

ただいまFlathorityではペンケースのプレゼント企画を開催中です。

弊社ホームページまたは、現在出店しておりますポップアップ(ポップアップの詳細はこちら)などで税込16,500円以上買い上げのお客様全員にもれなくお渡ししております。

プレゼント企画の詳細はこちらをご覧ください。

 

 

一般的なノベルティのイメージといえば「おまけ」「簡素」「安物」といったものではないでしょうか。正直に言ってしまえば「貰ってもワクワクしない」ものが多いような気がします。特に弊社のお客様は目が肥えていますから、簡素なノベルティでは喜んではいただけないでしょう。

そこで、メーカーならではの工夫により、高いクオリティのノベルティを実現しました。

 

以降、「なぜ高いクオリティのものを実質無料にて差し上げられるか」をご紹介します。

 


 

ノベルティへの様々な工夫

 

まずは材料について

Flathorityのノベルティで使用している革は、決して低品質の安物ではございません。

ただいま開催中のプレゼント企画で使用している革も「アドリアレザー」と呼ばれる高級品。イタリアの銘タンナーであるマストロット社の代表的な革の一つです。イタリアらしい発色の良さと、クロム鞣しに型押しを施した柔らかく均一な表情が特徴的なレザーとなります。

このような高品質な革をノベルティに使用できるのはFlathorityがファクトリーブランドだからこそ。

 

サンプルのために購入したが使いきれなかった革や、色ブレや小傷の多さからバッグなど大盤なものが裁断できなかった革をノベルティ用として使用しています。他にも、懇意にしている革屋さんから余ってしまった在庫を格安で譲ってもらうこともございます。

以上のようなファクトリーブランドならではの背景を活かしてノベルティ用の革を選定しています。元々は高級バッグなどに使用する予定であった革を用いているため、ノベルティレベルにとどまらない革を使用することができるのです。

 


 

ノベルティも通常ラインと同じ職人が作っている

ノベルティは実質無料でお渡ししているため、実際のところ多くの経費をかけることができないという実情がございます。かといって、クオリティの低いものを差し上げても、貰った方としては嬉しくありませんよね。

そこで、ノベルティの製作は普段Flathorityの通常ラインを手掛けているベテラン職人にお願いしています。なぜ、限られた経費の中で腕利きの職人がノベルティを作れるかというと、「革待ち」の間に作っているからです。

 

革待ちとは、文字通り革を待っている状態のことを指します。次々と製作することが理想的なのですが、革という材料は魚や野菜のように入荷時期や数量が必ずしも一定ではありません。革も天然物ですから。

特にFlathorityで使用している革は、タンナーに無理をいって原皮を厳選してもらっているので、度々入荷の遅れが発生します。(お待たせしてしまっているお客様、申し訳ございません。)

なので、革の入荷状況によってはどうしても仕事が止まってしまうことがあるのです。そんな革待ちの合間にベテラン職人を遊ばせておくのは勿体無いですから、ノベルティを作ってもらっています。

 

以上のファクトリーブランドならではの工夫によって、ノベルティとはいえ、通常ラインにも劣らないクオリティに仕上がっております。

FlathorityFのノベルティへの本気度を感じていただけましたか?

 

ペンケースのプレゼントイベントはただいま開催中ですので、ぜひお受け取りになってください。在庫無くなり次第終了となりますので、お見逃しないようお願い致します。(とは言っても在庫はまだまだございます。笑)

 

不定期とはなりますが、今後も皆様に喜んでいただけるノベルティを作っていきたいと思います。

 

それでは、また!

2020.11.02 | お知らせ
上へ戻る
上へ戻る